ダック 引越し

ダック引越しセンターの心遣い

 

賃貸マンションから新築戸建てへの引越しでした。

 

ダック引越しセンターに頼みました。

 

転出するマンションはエレベーターが狭く、営業の方からはソファの搬出が難しいと言われており、ベランダから吊り下げで別途料金がかかる予定でした。

 

でも当日に現場のダックのリーダーの方が、これなら非常階段から担いで出せると判断して下さったので、余計な出費を抑えることが出来ました。

 

新居に入る時には、新築ということでみなさんが靴下を履き替えて下さっていてびっくりしました。

 

ダック社内全てのルールでは無いようなので、たまたまリーダーが気を遣える方だったのかも知れません。

 

宅配ドライバーさんや引越し業者さんなどの力仕事の皆さんは足の裏まで汗だくというイメージがあったので、とても嬉しかったです。

 

荷ほどきをしたあとに出るゴミを少なくするため、食器類は全てハンドタオルやバスタオルで包んで梱包しました。

 

引越し業者さんからのダンボール箱も無償ではないので、引越しが決まってからはドラッグストアなどで少しずつ大きめのダンボール箱を貰って来ました。

 

冷蔵庫の電源も切らなければならないので、食材は殆ど使い切りましたが、魚屋さんの発泡スチロールの箱も譲って貰いました。

 

今は家庭菜園で活用しています。

 

梱包時に、すぐに開けるものとそうでないものをすぐに見分ける為に、ガムテープの色を変えました。

 

箱に文字を書くだけでは重なってしまうとわかりにくいので、赤いテープのものはこちらへ置いて下さい、などと指示を出しておきました。